« 同じ給与なら 働くのは損 ! | トップページ | カールじいさんの 空飛ぶ家 »

2011年5月18日 (水)

ルンバ と 戦争

 先日、自動掃除機ルンバを勧められて3万円台のものを購入した。(注1)
使ってみると、とてもよく出来ていて、スイッチを押すと文句も言わず、勝手に部屋
の中を動いてきれいにしてくれる。

 何度も同じ所を違う角度から掃除してくれるので、思っていたよりきれいになる。
1時間弱、一所懸命に掃除して、充電が切れかかると自分で自動的にコンセントの付い
た充電器に収まって充電を開始してくれる。

外出する前にスイッチを押せば帰ってきた時には掃除がすんでいるので、お手伝いさ
んがいるようで嬉しい。

 これを作ったのはアメリカのメーカーのアイロボット・コーポレーションという軍
事用ロボットや人工知能を開発するメーカーで、軍事技術を応用してルンバを作った
そうだ。

しかし、現在も売上の中心は、爆発物処理やSWATで使用される軍事ロボットである。
今回、東日本大震災で問題の原発屋内で、原子炉周辺のビデオを撮った自動ロボット
も同社の製品である。

話は変わるが、驚くのは、アイロボットのようなアメリカの軍需産業が全産業の約5%
あるということだ。

これは日本で多くあると思われている土木関連事業が同10%であることからすると、
多いということが分かるだろう。

だから、アメリカはこの軍需産業育成のためかは知らないが、毎年どこかで必ず戦闘
をするか、軍需品を売らなければならないという悪のジレンマに陥っている

いくら正義を語っても、軍需産業でこれだけ多くの人を養っているわけだから、軍需
関係の売上は必要で、業種転換しない限り戦争が無くならないわけだ。
アメリカの正義の建前と、本音の現実を受け入れねばならない自己矛盾を感じる。
 

     ルンバのような庶民の日常に役立つものを作って欲しい
     お掃除の苦手な方にお勧めです。

.


            とおやま ひでゆき
.

(注1)ルンバは、iRobot社が製造販売するロボット掃除機である。
2002年に登場し、その後毎年新型や改良版が発売されている。
ちなみに、ネットの輸入品の方がかなり安くて、保証もある。

« 同じ給与なら 働くのは損 ! | トップページ | カールじいさんの 空飛ぶ家 »

おかしいこと」カテゴリの記事

会計税金」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1624611/43530680

この記事へのトラックバック一覧です: ルンバ と 戦争 :

« 同じ給与なら 働くのは損 ! | トップページ | カールじいさんの 空飛ぶ家 »

無料ブログはココログ